【世界の結婚式事情】質素倹約!?韓国の結婚式

出典元:https://www.pinterest.jp/pin/369647081906852182/

国内で結婚する新郎新婦には縁がないため、気に留めないかもしれませんが、国際結婚をするカップルにとっては相手国の結婚式の様子を知ることは非常に重要です。結婚式はお国柄がよく出る行事の一つですので、文化の違いに圧倒されてしまうかもしれません。

そこで世界各国の結婚式事情についてご紹介していきます。
お隣の韓国はどうでしょうか??日本の結婚式との違いをみていきましょう。

1.参列者が多い

日本と大きく異なる点の一つです。
日本でも親族や友人など大勢呼ぶ結婚式はありますが、皆お世話になった人や知っている人ですよね。
韓国では新婦友人として招待された人の彼氏(新婦さまとは面識なし)も自由に参列できます。
友人の友人や親戚の友人なども参列するため、ゲストの数はとても多いです。
友人の友人が参列するということは遠い親戚でも皆さん参列するそうで、その数には驚きます。

挙式には200〜300人は入れる会場、親族写真だけでも50人以上というのは普通だとか。
全員での記念撮影は豆粒みたいに写りそうですね。

2.衣装は?ドレスは?


新郎新婦はウェディングドレス&タキシード、もしくは伝統的な衣装(チマチョゴリ)を着ます。

●親族

新郎新婦に近い親族は民族衣装の韓服で参列します。

●友人

日本の結婚式ではゲストも正装が前提です。男性はスーツ、女性はパーティードレスが基本です。
最近ではその幅も緩やかになりましたが、普段着では行きませんよね。

しかし、韓国では私服OKなんです。さすがにTシャツやジーパンは避けた方がいいですが、女性でも綺麗めの普段着なら問題ないそうです。これなら何を着ていこう、どんなドレスアップをしてヘアスタイルをして行こうと悩まなくて済みそうです。

3.ご祝儀&食事はどうなの?

●ご祝儀

日本でのご祝儀の相場は
・友人や上司:30,000円
・親族:100,000円
というのが一般的です。

ご祝儀という概念がない国も多いのですが、韓国も参列した人はご祝儀をお渡しします。
しかし、違うのはその金額です。
・友人や上司:3,000円
・親族:10,000円程度
韓国では一桁も金額が違うんですね。その理由の一つに披露宴を行わない、というのがあるでしょう。

●食事

M1YUK1さん(@fm425mhz)がシェアした投稿


挙式の後は披露宴は行わず、ビュッフェ形式の食事会が開かれます。
ゲストの人数が多いため、一人一人にコース料理を運んでいられないのでしょう。
席自体もきちんと用意されているわけではなく、空いたらそこに座るので、日本の披露宴と比べると少し落ち着かないかもしれません。披露宴ではないため、出し物やお祝いの言葉、乾杯などの儀式はなく、もちろんお色直しもありません。

おわりに

masayoさん(@abe_oza.ma)がシェアした投稿

韓国の結婚式は日本と比べると簡素な気がしますね。その分、拘束時間も短く、半日くらいで終わる場合もあるようです。
披露宴がないため、引出物もプログラムもない、あれこれと悩まなくて良いのは新郎新婦にとって負担が少ないかもしれませんね。ただ、日本の結婚式に慣れていると韓国のはイベントというよりもあくまで儀式、という印象を受けるかもしれません。

関連記事

  1. 【世界の結婚式事情】伝統的な結婚式が続くパプアニューギニア

  2. 外国人から見た日本の結婚式〜挙式・披露宴編〜

  3. 女性の憧れブランドCath Kidston風!?でおしゃれウェディング

  4. 知っているようで分からなくなってしまう「続柄」をおさらいしましょう!

  5. デート*東京旅行に!♡今話題のフォトジェニックなひんやりスイーツ

  6. \どれも斬新!/デザインがお洒落可愛いウェディングドレス特集♡