別撮りするとどんなメリット、デメリットがあるの?

出典元:https://www.instagram.com/p/BaTDe-8FLyS/

結婚式の当日、写真をたくさん撮られますが、撮って欲しいショットから撮られていないということもあります。データをもらえるプランが多いので、数はたくさんあるのですが気に入った写真が少ないとがっかりしてしまいます。そんな方におすすめしたいのが別撮りです。どんなメリット、デメリットがあるか見ていきましょう。

1.別撮りとは?

結婚式当日以外に婚礼衣装を着て、写真撮影を行うことです。結婚式の前に撮るものを前撮り、後に撮るものを後撮りと呼びます。

2.メリット

・結婚式で着られなかった衣装を着て、写真を撮ることができる

01

出典元:http://studio-feel.jp/bridalplans/studio-w-k/

結婚式では披露宴のお色直しを入れても2〜3枚ほどしか衣装を着ることができません。着替えに時間がかかってしまうからです。ドレスや和装を選んでいると、これもあれも着たいという気持ちになることはよくあることです。衣装に制限のある式場もあります。

別撮りであれば、結婚式に着られなかったこだわりの衣装で写真を撮ることができます。記念になりますし、自分の希望も叶うので、衣装を色々と着たいという新婦さまにはおすすめです。

・自分たちの気に入った写真が撮れる

結婚式当日は式の前後に急いで写真を撮るので、カメラマンの言われる通りに次々と写真を撮っていき、あっという間に終わってしまいます。こんな場所でこんな格好で撮りたいなと希望を伝えても、時間と場所が限られるので、思うようにいかない場合もあります。その点、別撮りであれば、ゆっくり時間をかけて撮れるので、自分たちの気に入った角度や場所で写真を撮ることができます。

・ロケーションを選べる

02 (3)

出典元:http://www.wedding-kamakura.jp/blog/?p=3009

結婚式の式場以外で婚礼衣装の写真を撮りたいという場合は別撮りをすると良いでしょう。海、山、街中、観光地、など日本国内、海外を含め出張写真撮りを行っている会社はあります。ロケーションを変えて写真を残したいというカップルは別撮りで希望が叶いますよ。

3.デメリット

結婚式と別に衣装と写真撮影をするので、費用と時間が余計にかかることです。結婚式当日の写真や衣装は式場のプランに一部含まれていることも多く、全額負担は避けられます。しかし、別撮りとなると衣装代と写真撮影代が別途かかってしまいます。また、屋外での撮影の場合、写真を撮る時期も限られるので、結婚式とは別に日程を確保しなければなりません。

おわりに

時間と費用がかかっても一生に一度の結婚式です。納得のいく衣装を着て写真を撮ることは素敵な思い出になります。当日は教会式なので、両親の希望で和装を前撮りしたり、ハネムーンで訪れた場所で後撮りをしたりするカップルもいますよ。

関連記事

  1. どう選ぶ?披露宴料理を決める際に覚えておきたい視点イロイロ☆

  2. 真似したい♡インスタで見つけたおしゃれ手作り朝ごはん!

  3. 【今年春、実写映画公開】美女と野獣がテーマの結婚式アイディアまとめ

  4. 海外発♡独身最後を楽しんじゃお!バチェロレッテパーティのススメ!

  5. 結婚式の原点、「おうちウェディング」の魅力に迫る!

  6. 和装婚にぴったりのウェディングケーキ