すてきなエピソードに心がじんわりあたたまる♡海外のプロポーズストーリー

出典元:https://jp.pinterest.com/pin/74027987602379302/

プロポーズは運命が決まる瞬間であり、恋人が永遠の恋人となることを申し込むことです。そこには数々の感動があります。そんな心あたたまるストーリーを3つご紹介します♪

「クリスマスプロポーズ」

dfg
17歳の時に恋に落ち、いつもトムのことを目で追い、そして気になるメアリー、二人は恋人として付き合うこととなり、お互いを大切にするカップルとして10年の時を過ごしました。そして二人で過ごす27歳のクリスマス、クリスマスツリーに飾り付けを終え、素敵なイブを過ごし、翌朝、クリスマスプレゼントを開けようとトムに誘われ、メアリーがクリスマスプレゼントに手を伸ばすとツリーのオーナメントの白い玉にこう書かれていました。
“Will you marry me, Mary?”「メアリー、僕と結婚して下さい」メアリーの頬から涙が流れました。

「ジグソーパズル」

fg
ジョンの恋人オリヴィアはジグソーパズルが大好きだったため、ジョンはオリヴィアの誕生日にジグソーパズルをプレゼントしました。そのパズルはオーダーメイド製品で、ジョンの手紙が印刷されていました。オリヴィアは喜び、毎晩夕食後、少しずつパズルを完成させていきました。ピースを組み込むごとにジョンの愛の言葉が現れ、オリヴィアは幸せな夜の時間を持ちました。しかし、最後のピースをはめても手紙の締めくくりの言葉のピースが見つかりません。ジョンはオリヴィアが最後のピースをはめるとポケットから欠けていたピースを取り出しはめました。そこに書かれていたのはプロポーズの言葉です。今でもジョンとオリヴィアの家庭に、このパズルがかかっており、ジョンは毎年オリヴィアの誕生日にパズルをプレゼントしています。

「三年前に買った婚約指輪を君に」

vdx
ラリーは彼女のケルシーにプロポーズすることを計画し、ディズニーランドでの旅行中に行うことを決めていました。しかし、不幸なことに、計画の一週間前にラリーは交通事故にあい、部分的にマヒが残り、三年もの間、過酷な手術と、厳しいリハビリに耐え続けました。その間、ケルシーは離れずにラリーのそばに居続けました。
そして三年後、まだ満足に体は動かせませんが、ケルシーの指に婚約指輪をはめられるまで、ラリーの体は回復しました。
しかし、治療のための費用がかさみ、プロポーズしても、当初思い描いていた式を挙げるだけの余裕はなくなりました。その二人を助けるために動いたのはケルシーの姉でした、ラリーを支え続ける妹のケルシーを見た姉は、二人のための結婚資金を集める活動を開始し、11日間で結婚式のための資金を用意しました。
ある日ケルシーはラリーに家に来るように呼ばれました。ケルシーが部屋に入っていくと、そこには、両家族が集まっており、”Will you marry me?”「僕と結婚してほしい」というフレーズを口ずさむ歌が流れていました。家族に囲まれるようにいる車いすのラリーの手には指輪の箱が載せられていました、ケルシーが涙を流しながら、リングボックスを手に取り婚約指輪を手に取り、ラリーに渡すと、ラリーはリハビリにより動けるようになった手で、ケイシーの指に指輪をはめました。

関連記事

  1. バレンタイン

    バレンタイン2019!行ってみたい話題のチョコレートフェア3選

  2. 楽しみながら挑戦しよう♩フォトジェニックなセルフ前撮りのコツ!

  3. 秋の味覚を堪能♡季節の野菜やフルーツを使ったスイーツ特集

  4. 海外ハネムーンで別撮り!

  5. あなたのカレは?良い旦那さんになりそうな特徴チェック3つ!

  6. 寒い冬、ほっこり温まれる簡単メニュー♡【リメイクアイディア付】