新婚の今からが肝心!夫をイクメンに育てる方法

出典元:https://www.pinterest.jp/pin/833658580997398845/

一度は耳にしたことある言葉『イクメン』。家事に協力的なのはもちろん子育てにも積極的であなたのことを労わってくれる…♡まさに理想ですよね!そんなイクメンに夫は果たしてなってくれるのか?実は赤ちゃんが生まれる前に旦那さんをイクメンに育てるマインドを作るかはあなた次第なのです。そんな旦那さんをイクメンに育てる方法をまとめてみました。

*自分のことを自分でしてもらえるようにする!

1
子どもがいてもいなくても、旦那さんが自分のことを最低限自分でしてくれないことがストレスに感じるという声をよく聞きます。旦那さんの『何か手伝おうか?』という言葉以前に自分自身の生活スタイルをきちんとしてもらうことが、実は一番助かったりします。『服を脱ぎっぱなし』、『食後食器を片づけない』など、もし旦那さんに小さな不満があれば、早めに改善する努力をしてもらうことが、イクメンの道の第一歩だったりします。

*イクメンは褒めて育てる!

2
具体的なイクメンの育て方は褒めて伸ばすこと。ポイントは夫が自主的に何か家事や気を利かせてくれた時に必ず『褒める』こと!褒められて嫌な男性はいません。少し大げさでも良いので、自主的に何か家のことをした時は褒めてあげましょう。

*普段からの感謝の言葉が夫をイクメンにする!

3
普段から何か旦那に感謝する言葉を伝えていますか?何かを手伝ってもらった時だけでなく、日々働いていること、結婚して幸せなこと、日々感謝の気持ちを伝えましょう。気持ちは伝えないと伝わらないことも多々あります。日々感謝の気持ちを伝えることによって、夫は夫婦として生活していることのメリットを実感します。それは家族になってからも続くので、今から忘れずその基礎を作っておきましょう。

*夫婦でイクメンについてしっかり話し合う!

『イクメンとは何か?』夫婦でしっかり話し合いましょう。『まだ赤ちゃんもいないのに?』と思った方、今からが肝心だったりします。ニュースやドラマでイクメンという言葉が注目されてる中、旦那さんが感じていることは何かしらあるはず。『手伝ってあげてる』『俺は子育てをやっている』など自称イクメンにならないようにするためにも、早めのうちからどんな子育て、生活を2人でしていくかしっかり話し合いましょう。

関連記事

  1. カメラでぱしゃり♩『こどもカメラマン』をお願いする時の注意点3つ!

  2. 思いを込めて♡刺繍で作った可愛いウェルカムボードデザイン集♩

  3. 感動するロケーション撮影〜東日本編〜

  4. 【世界の結婚式事情】男女別々のドバイ流結婚式!

  5. まだまだたくさん♡進化している可愛いキャラフード特集part2

  6. 一生に一度の思い出!今どきハネムーン事情