新居はマンション?一戸建て?

出典元:https://www.instagram.com/p/Bcbl8rFl3Js/

結婚し、夫婦だけの場合、新居はマンションが良いのか一戸建てが良いのか迷うところです。元々の好みもあるとは思いますが、部屋が広く、長い間住むことを考えると一戸建てが良いのかもしれません。しかし、一戸建てだと周りの家との隔たりがあるため、疎外感を感じるかもしれません。

夫婦のみで新居を選ぶとき、マンションと一戸建てにはどのようなメリットやデメリットがあるのかご紹介します。

1.マンションは防音性が意外と良い?

マンションは鉄筋コンクリートでできてるため、防音がきちんとできています。もちろん、上の階で子どもたちが走り回ったり、音を立てて歩いたりするとうるさく感じるかもしれません。しかし、外の音があまり聞こえない造りになっています。

ママ同士の井戸端会議も場所を選べば少なくて済むようですし、働いているお母さんも多いため、近所付き合いも深くありません。

しかし、部屋の広いマンションは家賃も高く、分譲マンションの場合は騒音問題が発生したとき、困ってしまいます。

2.一戸建てはプライバシーが保たれる?

マンションと違って一戸建てはそれぞれの家が独立しているため、プライバシーの面では保たれます。しかし、家の造りによっては庭から中の様子が伺えたり、道路に面している玄関の出入りは人から見られやすくなります。

一戸建ての良いところはマンションに比べて、隣の音や上からの音はほとんど聞こえない点です。線路に近い家には防音の窓ガラスが使われていることが多いため、窓を閉めていれば、騒音もそこまで気にならないでしょう。静かな落ち着いた空間が手に入ります。

3.テラスハウスという選択肢もあり!

マンションと一戸建ての特徴を併せ持つのが「テラスハウス」です。最近、建設が増えてきた物件の種類です。テラスハウスは長屋を区切ったような造りです。2階建てなら1階と2階が一つの住居で、それがいくつか連なっています。隣の家とはマンションのように壁で隔てられているだけですが、ベランダがあり、2階もある一戸建てのような間取りの家です。

昔のテラスハウスの評判はあまり良くありませんでした。マンションのように鉄筋コンクリートではないため、造りが頑丈でない点や隣と接している壁が薄く、音がだだ漏れだと言われていました。しかし、最近の物件では壁が厚いため音がほとんど聞こえることはありません。バルコニーにもしきりがあり、プライバシーもしっかりと守られています。
賃貸でマンションと一戸建ての良いところどりをしたい夫婦にはぴったりの物件でしょう。

おわりに

夫婦ならマンションと一戸建てのどちらが良いか、というテーマでご紹介しました。いかがでしたか。賃貸にするか購入するかの選択もあり、一度に大きな決断を迫られる時期です。

最初は賃貸で数年後に家族が増えたら、再度考え直すという選択肢もあります。焦って決断せず、自分たちの理想の空間を手に入れましょう。

関連記事

  1. 幸せを感じる!男性が結婚して良かったと思った瞬間3つ!

  2. 旦那さんが喜ぶ♡簡単にできる夏満喫メニュー5選

  3. ちょっぴり不安な嫁、姑問題!人間関係を上手くやっていくための考え方とコツまとめ

  4. 幸せいっぱい!ラブラブ新婚生活の楽しみ方6つ♡

  5. クリスマスが待ち遠しい♩注目のアドベントカレンダー特集♡

  6. 新鮮さがポイント ♪ 夫婦デートをマンネリさせない4つのコツ!