結婚式で欠かせない料理の選び方~演出編~

出典元:https://www.instagram.com/p/BRu1V83BiqJ/?tagged=%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3&hl=ja

1.デザートビュッフェの有無

デザートビュッフェの有無
出典元:http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%83%87%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A7&creator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&crtsec=all
コース料理の品数を減らさず、量を調整するためにデザートビュッフェを提案されることがあります。ゲストが自分で好きな種類のデザートを好きなだけ取れるので、好評で最近の披露宴に取り入れられることも多くなっています。

しかし、実際には良い意見だけではなく、好みが分かれるようです。デザートビュッフェはすべての料理が済んで最後に出てきます。式の最中に取りに行く手間がかかること、消極的なゲストは取りに行きづらいことから皆がデザートビュッフェを楽しめるとは限らないのです。どちらかと言えば、年配のゲストや男性から必要ないという意見が出るようです。

2.ゲストの要望に柔軟に対応できるドリンク

pmt
料理に合うお酒を飲みたい、ハレの日に美味しいお酒も!と思っているゲストは多いはずです。わざわざ車ではなく、公共交通機関を使って式場へ来て、お酒を飲もうと思っているゲストにとって、ドリンクの種類が少ないとがっかりしてしまいます。お酒が飲める、飲みたいゲストと飲めないゲストのため、両方に対応できるようなドリンクを用意しましょう。

披露宴で出すドリンクは、乾杯のシャンパンやスパークリングワインを含め、飲み放題か一杯ずつ加算されていくプランがあります。ゲストが多い場合は飲み放題にするのが良いでしょう。どのゲストがどんなドリンクが好きかを全て把握するのは不可能ですが、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、カクテルなど幅広く選べるようにしておきましょう。

また、お酒が飲めないゲストのためにソフトドリンクも頼めるプランにしてください。ソフトドリンクがオレンジジュースしかない、となると最初から最後までオレンジジュースを飲むことになり、他のものも飲みたいと思われるはずです。

メニューにないお酒を注文しても対応してもらえるようにすると、よりサービスが良いでしょう。せっかく自分たちのために時間を割いて来てもらっているゲストに喜んでもらえるにはどのドリンクプランが良いか、料理と同じくゲスト目線で考えてくださいね。

3.ゲストの要望を聞くと料理の予算はどのくらい?

ゲストの要望を聞くと料理の予算はどのくらい?
出典元:http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%8A%AB%E9%9C%B2%E5%AE%B4%E3%80%80%E6%96%99%E7%90%86&creator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&crtsec=all
ゲストが喜ぶ料理の味と品数、種類豊富なドリンクを提供するとなるとそれなりの費用がかかります。では、平均的な料理の予算はいくらなのでしょうか。ゲストからいただくご祝儀は3万円程度、親戚は上乗せしていただく場合がほとんどです。ゲストにご祝儀目当てに結婚式を開いたと思われないように、料理にはしっかり予算をとりましょう。

婚礼料理の全国平均は結婚情報誌によると、ゲスト一人当たり1万4400円です。場所にもよりますが1万2000円~2万円ほどという結果が出ています。費用を抑えてクオリティを高くしたい場合にはレストランで披露宴を行うと良いですよ。ゲストに馴染みのある地方の特産食材を使って、演出することで品数を増やさないという選択肢もあります。見た目と味をしっかり見極めて、ゲストに喜んでもらえる料理、満足してもらえる披露宴にしましょう。

関連記事

  1. おしゃれなプチギフトでゲストに感謝の気持ちを伝えよう

  2. あがり症の新郎必見!スピーチで緊張しない為に知っておくべき7つのこと

  3. 感動も倍に!? 結婚式豆知識 ~セレモニー編~

  4. 日本でもブライズメイドを取り入れてみよう!

  5. ウェディングケーキの常識を変える!個性的な海外のケーキ

  6. 春の香りでいっぱい♡可憐でかわいいチューリップのブーケセレクション♡